キャリアストーリー

入社直後~新人時代 PG
自分が「できること」を1つひとつ積み上げた新人の頃

─── 峯岸
今日は、平野君がこれまでどんなキャリアストーリーを辿ってきたかについて聞いていきたいと思います。まず、入社して最初に携わった仕事は何だったの?
─── 平野
飲食業のシステム開発でしたね。でもその前の研修2日目くらいにさっそくハードルにぶち当たってしまって……。「えっ、プログラミングって難しい!」と(笑)当時のスキルは、同期の中でも下から数えた方が早かったですね。
─── 峯岸
早すぎるよ(笑) ちなみに、その壁はどうやって越えたの?
─── 平野
作業スピードは他の人にかなわないので、品質に徹底的にこだわるなど、「自分ができること」を意識して仕事をしていました。そうして、2年間くらいはPGとして働いていました。

中堅~リーダー時代 SE、PL、PM
リーダーとして、チームをまとめる役割を担う

─── 峯岸
そのあとすぐにSEになって、比較的早い時期にメンバーを抱えるようになっているよね。その頃から私も一緒に働くようになったけれど、その頃にはほとんどの現場で平野君がリーダーについていたイメージがあるね。日々、どんなことを考えながら仕事に取り組んでいたの?
─── 平野
そうですね。ワーカーからマネジメントへと立場が変わったこともあり、与えられたことをこなすのはもちろんなのですが、作業工程で気になったことや気づいたことは積極的に発信して改善するようにしていました。
─── 峯岸
当時から平野君は、絶対にやりきる心の強さや、責任感を持っていたよね。その原動力となっていたのは何だと思っている?
─── 平野
うーん、あまり仕事をしていて辛いと思ったことはないんですよね。そもそも自分1人でやってきたわけではありませんから。数々のプロジェクトを共にしてきた先輩や同僚、身近で支えてくれた家族の存在があってこそだったと思うので、周りの人には本当に感謝しています。
─── 峯岸
そうだね。どちらかというとこの会社のメンバーは、上下関係のある上司・部下という感じではなく、共に働くパートナー、仲間という意識が強いかもしれない。私にとっては平野君もその1人だからね。

現在 教育研修担当
今まで積み重ねてきたことを下の世代に伝えていく

─── 峯岸
今では新人の教育・研修を担当するまでになっているけれど、自分自身ではどう考えているの?
─── 平野
教育・研修の担当になったのは、今まで自分がやってきたことの集大成だと思っています。今まで自分が周りの人から教わってきたこと、それを全部伝えようという気持ちでやっていますね。相手が真剣に向かってきてくれるときは、自分も同じ気持ちで相手に向き合えば絶対にやってくれるという自信もあります。
─── 峯岸
なるほど、人材教育は会社としても重要な部分だからね。
─── 平野
技術的なことはもちろんのこと、仕事をするうえでの心がまえなどを伝えていくことも大切ですよね。「こうすればできるようになる」というような育成についてのアイディアも、いろいろ考えているところです。

将来 受託開発部×人材育成
仲間とともに、新たなミッションに挑戦

─── 峯岸
現在、我々は人材育成に取り組むというミッションに加え、受託開発の仕事を拡大していこうとしているよね。その点について、平野君としてはどんなビジョンを持っている?
─── 平野
受託開発の仕事は、まさに今スキルを身につけている段階、発展途上のメンバーにとって大きな可能性を秘めた場になるんですよね。社内で先輩と一緒に仕事をすることができますから。そういう意味では、受託開発部の仕事も、人材育成の仕事もつながっていると思っています。
─── 峯岸
そういう観点から考えても、受託開発という仕事には大きな意味があると思うんだよね。
─── 平野
そうですね。会社で働くうえで、大切なことを身につけられる受け皿になりますよね。
─── 峯岸
そういう受託の仕事を増やしていくことが、これからの我々の任務になるね。これからも一層、お互い力を合わせてこの事業を盛り上げていこう!

キャリアアッププラン (技術者として入社した場合)